ホテル明日香のお風呂は温泉???

当ホテルは、水道の水を一切使用しない地下約200mから汲み上げている天然水をお風呂・料理等のすべてに利用しております。

 

ここで、『温泉法の温泉』とは、①温度25℃以上、②メタケイ酸50㎎/kg以上、③水素イオン1㎎/kg以上、④総硫黄2㎎/kg以上、④溶存物質総量1,000㎎/kg以上、⑤その他のいずれかに該当する必要があります。

 

さらに、『箱根湯本温泉と表示するには、『温泉法の温泉』に該当し、かつ、登録が必要となります。

 

ちなみに、当ホテルの天然水は、水質検査によりメタケイ酸約60㎎/kgのため『温泉法の温泉』に該当しています。

 

では何故、『箱根湯本温泉』と表示しないかというと登録をしていないからです。

 

『箱根湯本温泉』の表示は、ホテル営業に効果絶大ですが、①設備投資による料金の値上げ、②入湯税の徴収、③天然水の飲料不可等のお客様のデメリットが大きいので登録による表示をしておりません。結果、当ホテルは、井戸の天然水として利用してます。

 

特に、地下約200mから汲み上げている天然水は、箱根が長年かけて生み出した宝のためとても美味しいと評判であり、かつ、帰り際に持ち帰るお客様も大勢います。ぜひ、他のホテル、旅館で味わえない天然水を一度お試し下さい。

 

最後に、当ホテルの内湯は、『温泉法の温泉』に該当する天然水に、玉川温泉の特別天然記念物である『北投石』を入れておりますので爆発的な発汗作用があり、風呂あがりも汗が引かないと評判(苦情???)になっております。

 

ホテル明日香が自信をもってお勧めする『温泉法の温泉』に該当する天然水 玉川温泉の特別天然記念物である『北投石』 効果をお楽しみください。

  「北投石入り風呂」と「岩盤浴」の効果検証 施設 | comment (0) | trackbacks (0)

コメント

Comments are closed.

トラックバック


page top